韓国の登録基準地(本籍地)が分からないときは?

韓国籍の方
こんなことでお困りではありませんか?

帰化申請をするために法務局に行き、必要な書類の指示を受けた。
すると、必要とされる書類の中に韓国の家族関係証明書や基本証明書、除籍謄本などがあった。
法務局の担当者が言うには、家族関係証明書や基本証明書、除籍謄本などは、韓国大使館や総領事館で発行してくれるという。
とりあえず家族関係証明書などを発行してもらうために韓国大使館に行ってみたが、窓口係員から登録基準地(本籍地)を尋ねられた。
知りません、と答えると、それでは発給できないと言われ、いきなり行き詰った。

これまで韓国の戸籍謄本などを取得したことがなければ、ご自分の登録基準地(本籍地)を存じないかも知れませんね。
例えば、慶尚南道 〇〇郡 〇〇面 〇〇里 〇〇番地 というようなものです。
今まで何かの書類で見たことはありませんか?
以前の外国人登録証明書(カード)の右上のところに韓国の地名のようなものが載ってなかったでしょうか?
その地名が登録基準地(本籍地)がどうかは分かりませんが、特別永住者の場合はおそらくそれが登録基準地(本籍地)だと思われます。
しかし外国人登録証明書には細かいところまでは載っていないと思います。

しかし、韓国の家族関係証明書などを発給してもらうためには、何とかしてご自分の登録基準地(本籍地)を知らなければなりません。

戸籍謄本

そこで、まずはこのようなことをしてみてください。

  1. ご両親、兄弟姉妹、親戚の方のなかで、昔取得した韓国の戸籍謄本や翻訳などをお持ちでないか尋ねてみる。
  2. とりあえず、先にご両親の婚姻届書記載事項証明書などを取得してみる。
  3. 法務省に登録原票の写しを請求してみる。

これで登録基準地(本籍地)が分かるかどうかは分かりませんが、まずは上記のことをやってみると何らかの手掛かりがつかめるかも知れませんよ。

しかし、1は別として、2や3の手続きをご自分でなさるのが難しいとお考えでしたら、行政書士 武原広和事務所までご依頼いただければ、代行いたします。
こちらをクリック(タップ)すると連絡先が載ったページがありますので、ご連絡ください。

お問い合わせはこちら

登録基準地(本籍地)が分かれば、韓国の家族関係証明書や基本証明書、婚姻関係証明書、入養関係証明書、親養子入養関係証明書、除籍謄本などの代理請求も当事務所にご依頼いただけます。
また、日本語への翻訳もご依頼いただけます。
それだけでなく、帰化許可申請をするうえで作成しなければならない書類(帰化許可申請書、履歴書、親族の概要、生計の概要、事業の概要など)の作成も代行いたします。
そのほかの必要となる証明書(出生届書記載事項証明書や住民票、住民税の課税証明書・納税証明書その他諸々)の代理申請もご依頼いただけます。

帰化許可申請のすべての準備(必要書類の収集と書類の作成)をご依頼いただいた場合は、副本(すべての書類のコピー)もこちらで準備して差し上げます。
帰化申請をする際には、すべての書類を2部づつ法務局に提出しなければなりませんが、それらの手間がかかりませんので、大変好評をいただいております。