韓国の戸籍の日本語訳が必要ではありませんか?

韓国の戸籍の日本語訳が必要ではありませんか?

法律事務所様、司法書士事務所様、行政書士事務所様が、業務上、韓国の戸籍の日本語訳を必要とするとき

銀行等の金融機関の担当者様が、在日韓国人の相続手続きをなさるうえで韓国の戸籍の日本語訳を必要とするとき

国・地方公共団体の機関の担当者様が、業務上、韓国の戸籍の日本語訳を必要とするとき

韓国籍の方が日本で婚姻届をするとき、または韓国籍の方との婚姻届をする際に韓国の戸籍の日本語訳が必要なとき

韓国籍の方、またはかつて韓国籍だった方の相続の手続きをなさるときに韓国の戸籍の日本語訳が必要なとき

などの場面で韓国の戸籍の日本語訳が必要でしたら、行政書士 武原広和事務所が正確・丁寧な日本語訳を提供いたします。
こちらをクリック(タップ)しますと、連絡先のあるページが表示されます。
お問い合わせはこちら

韓国の戸籍の日本語訳 お申し込み方法

日本語訳を依頼なさりたい韓国の戸籍の原本又はコピーを当事務所までご郵送ください。
※原本をご郵送いただいた場合は、日本語訳をお送りする際にお返しいたします。
※コピーの場合は、上下左右が切れないようにコピーしてください。また、裏面にスタンプ等がある場合は裏面のコピーもお願いします。

または、PDF等の画像に加工してメールに添付していただいても結構です。

韓国の戸籍の原本又はコピーをご郵送いただく際には

日本語訳のお届け先(宛名・住所・電話番号)とご希望の納品方法を記入した適当な用紙を同封してください。
メールに添付していただいた場合もメールにお届け先とご希望の納品方法をお書きください。

※ご希望の納品方法とは、普通郵便、速達、書留、レターパック(プラス又はライト)、などです。ご希望の郵送方法に応じて送料実費をご請求いたします。
日本語訳を郵送でなくメール添付での納品で構わない場合は当然ながら郵送料は不要ですが、何らかの手続きで日本語訳を官公署(市町村役場や法務局、裁判所など)に提出する場合は翻訳者の捺印等が必要ですので、郵送で納品いたします。

ご希望の納品方法が書かれていないときは普通郵便でお送りしますのでご了承願います。

日本語翻訳の料金とお支払い方法

翻訳料金

原稿の書類 1ページあたりの翻訳料金
【家族関係の登録等に関する法律に基づく証明書】
家族関係証明書婚姻関係証明書基本証明書入養関係証明書親養子入養関係証明書
2,000円+税
除籍謄本 電算化(コンピュータで作成されたもの) 3,000円+税
除籍謄本 非電算化(手書きで横書きのもの) 4,000円+税
除籍謄本 非電算化(手書きで縦書きのもの) 5,000円+税

お支払い方法

料金のお支払いについては、納品時に請求書を同封いたしますので、日本語訳をお受け取りになって1週間以内に請求書記載の銀行口座までお振込み下さい。なお、振込み手数料につきましては、誠に勝手ながらお客様にて御負担下さい。
御請求金額は日本語訳料金と送料の合計額になります(メールでの納品は送料無料です)。

なお、翻訳の途中で、日本の住所など(例えば出生場所など)についてお客様にお尋ねすることがございます。(近年の市町村合併、住居表示実施等によって当時の住所を調査するのが難しい場合や元々誤って証明書や除籍謄本に載っている場合がある為、確認させていただくことがございます。)

※紙ベースでの納品の場合、翻訳文の余白に翻訳年月日、当方の氏名・住所・電話番号を明記し、職印を捺印します。

※ご自分で家族関係証明書・婚姻関係証明書・基本証明書などの証明書や除籍謄本の請求(取寄せ)が難しい場合は、当方が代理申請出来ます。詳しくは当方までお尋ね下さい。

※お申し込みに関して不明な点などありましたら、下記までお気軽にお尋ね下さい。
(クリック(タップ)しますと当事務所の連絡先が記載されたページが表示されます。)

お問い合わせはこちら