帰化申請を行政書士に依頼するメリット・デメリット

帰化申請の準備を行政書士 武原広和事務所に頼むメリット、デメリットは何でしょうか。

当方に依頼なさるメリットは、やはり帰化申請の準備が楽になるということだと思います。

必要書類の代理取得、申請書類の作成、翻訳など全面的に依頼された場合、お客様には写真の用意やその他当方が代理取得出来ない書類を用意いただくだけで、いつでも帰化申請が出来る状態にして書類一式をお渡しします。

また、当方ではお客様のご要望により、書類の作成のみ(各種証明書類はご自分で用意される方などに最適です)、翻訳のみ(書類の作成や各種証明書類の取得はご自分でされる方に最適です)のお申し込みも歓迎しております。

つまり、部分的なご依頼をなさることにより、費用を抑えることが可能となります。
お客様の御都合や御予算に柔軟に対応させていただきます。

一方、デメリットについてですが、デメリットと言えるかどうか分かりませんが、行政書士費用がかかることでしょうか。

もし行政書士に依頼しようとお考えであれば、ただ単に近所だからという理由でお選びにならないほうが良いと思います。

そもそも帰化申請を扱っていない行政書士は多いですし、扱ったことがあるとしても過去に1件か2件程度の事務所が多いのではないでしょうか。

依頼なさるのなら、やはり帰化申請に慣れたところに依頼されることをお勧めします。慣れていないところだと、頼んだ後、いたずらに時間ばかりが経ち、なかなか作業が進まない場合があるからです。
取得する証明書には発行年月日があり、証明書の種類によっては、再度新しい日付のものを取得しなければならない場合が出てきます。
そうすると費用も時間も多くかかります。

慣れている行政書士であるかどうかは、面談や電話などで色々なことを尋ねてみるとある程度分かると思います(例えば、各種証明書類を全部揃えるのにどの位日数がかかるか、帰化の審査にはどの位かかるか、帰化申請の流れ等)。

その点、行政書士 武原広和事務所では、帰化申請を専門にしており、常にご依頼いただいている案件を持っておりますので、お客様の多様なご要望にお応えできるものと思います。

帰化申請をご自分でなされるか、行政書士に依頼するか、費用対効果をお考えになってみて下さい。