お申し込み方法

帰化申請のお申し込み方法ですが、申請書類の作成(各種証明書類の代理取得含む)・翻訳を全てお申し込みされる場合は基本的に下記の流れとなります。
もちろん、お客様の御希望等により柔軟に対応させていただきます。
申請書類の作成のみ、翻訳のみ、相談のみというようなお申し込みも歓迎しております。
費用の御見積りはいつでも結構ですので、お電話・メールなどで御連絡下さい。

法務局での事前相談

まずは国籍を扱う法務局に予約を入れて事前相談に行かれてください。法務局の所在地や連絡先はこちら

もちろん、私は帰化申請の必要書類等に関しては承知しておりますから、どのような書類を用意したら良いのか御相談いただいても結構なのですが、その地方の法務局の担当者によって、要求される書類について結構な違いがありますので、まず初めにご自分の住所を管轄する法務局に行って事前相談をし、必要書類一覧をもらうことが帰化申請をスムーズに進めるコツということになります。
ご自分が行く法務局がお分かりにならない場合は当方まで御連絡下さい(連絡先は下記のとおりです)。
法務局に行く際には簡単な家計図(ご自分と両親、兄弟姉妹、配偶者、子供などの関係が分かるもの)を書いた紙を持っていくと法務局の担当者に説明しやすいと思います。

行政書士 武原広和事務所まで御連絡下さい

当方は福岡県行政書士会所属ですが、福岡県内に限らず全国どちらからでもお申し込み可能です。

電話:(093)602-9901(月曜日~金曜日(祝日除く)午前9時~午後6時)

スカイプやLINE、Facebookメッセンジャー、Googleハングアウト、twitterなどでやりとりすることも可能ですので、お電話やメールなどでIDやURLなどをお知らせください。

メール:メールでのお問い合わせ

LINE@:
QRコード

友だち追加ボタン
友だち追加

ファクシミリ:(093)602-9903(いつでも送信可能です)

お客様との面談または電話・メール等でのやりとり

お客様宅にて様々打ち合わせをさせていただきます。遠隔地のお客様など面談が難しい場合は電話やメール等で打ち合わせをさせていただきます。

着手金のお支払い

あらかじめ費用概算を算定いたしますので半額程度をお支払い下さい。
(“費用概算”としている訳は、各種証明書類の代理取得や翻訳もお申し込みされた場合の書類取得の実費や交通費、日当、翻訳枚数などが、この段階では確定できないためです。何卒ご理解下さい。)
着手金のお支払いは、現金または銀行振り込みにて御願いします。
申請書類の作成のみ、翻訳のみ、相談のみのお申し込みの場合は、着手金は必要ありません。業務終了後の御請求になります。

業務の着手

お客様より様々なことをお聞きして書類を作成してまいります。各種証明書類の代理取得もお申し込みされた場合は、委任状を作成しますのでご署名・捺印をいただき当行政書士が代理して取得いたします(ただし、取得を代理できない書類については、お客様ご自身で取得されて下さい)。

業務の終了

申請の準備が完了(あとは法務局に書類を持っていくだけで良い状態になったら)書類一式をお渡しいたします。費用の残額を清算して御請求いたしますので、現金又は銀行振り込みにてお支払い下さい。以上で当行政書士の業務は終了いたします。
この後はお客様ご自身が法務局に予約を入れて帰化申請をして下さい。もちろん、当行政書士の業務終了後でも様々不安なことをいつでも御相談下さい。

よろしければ、あなたのSNSでシェアしてください

行政書士 武原広和事務所のSNSをフォローする