帰化申請の期間

帰化申請をするには,どのくらいの期間が必要でしょうか?

大きく分けて,申請をするまでの期間申請してから審査結果が出るまでの期間がありますね。

帰化申請は3日でできる?

誤解を恐れずに言えば,不可能ではないと思います。もちろん,帰化申請に必要となる書類を揃える作業が驚くほど万事順調にいった場合です。

例として,韓国籍の特別永住者で,年齢的に比較的若く独身,本人も一緒に住んでいる人(両親など)も事業をしておらず,きちんと韓国側にも各種の届出をしている場合。

前もって住所を管轄する法務局に予約を入れておいて,朝一で事前相談に行き,必要書類一覧をもらい,その足で韓国総領事館で帰化申請に必要な戸籍謄本(現在は家族関係登録簿等の証明書といいます。)を発行してもらいます(福岡,東京、大阪の韓国総領事館ではその場で発行してもらえます)。

韓国総領事館から発行してもらった戸籍謄本(正確には基本証明書や家族関係証明書,除籍謄本など)は日本語に翻訳します。

一方,市区町村役場その他の役所では,住民票や住民税の課税証明書,納税証明書,出生届書記載事項証明書,両親の婚姻届書記載事項証明書など法務局からもらった必要書類一覧表に書いている書類を発行してもらいます。

翌日,揃えた書類を法務局でチェックしてもらい,問題なければ帰化許可申請書や履歴書などの書式を渡されますので,それらの書類を記入し,完成したら申請の予約を入れ,翌日,法務局で帰化申請をします。

ということで3日目には帰化申請ができるわけですが,もちろん上記は極端な例です。

実際は,帰化申請をするための書類というのは国籍や在留資格,家族構成,職業など様々な状況により,一人一人ボリュームが違いますので,当然ながら申請の準備にかかる期間も人それぞれです。

さらに法務局側の都合(地方の法務局などでは人員の関係上,帰化申請の予約がすぐにはできないなど。)もあります。

一般的には,揃える書類のボリュームが少ない人の場合だとスムーズに行けば2週間程度でしょうか。

人それぞれ事情が異なりますから,中には帰化申請が受け付けられるまで数年かかるような人もいます。

帰化申請をしてから審査結果が出るまでの期間

特別永住者の場合,概ね6~8カ月ですが,もちろん帰化申請の内容,書類は人それぞれ違うわけですから審査結果が出るまでの期間も人それぞれ違います。

審査結果が出たら官報に掲載されますが,申請先の法務局からその旨連絡がきます。