帰化申請をお考えの方へ

ご結婚や就職を機に、あるいはお子様の将来をお考えになって日本国籍に変更したいとお考えの方。

日本国籍へ変更するためには帰化をしなければなりませんが、帰化の申請をするためには、法務局から指示された各種証明書類を取り揃えたり、申請書類を作成したりしなければなりません。

日本国籍への変更手続きをしたいけれど、どうすれば良いのかお分かりにならない方、お仕事や家事などで時間の余裕がなくて必要書類を集める暇がない方、どの証明書類をどのように請求するのかお分かりにならない方、帰化申請書類の書き方がお分かりにならない方、韓国の戸籍の翻訳が出来ない方、大丈夫です。心配はいりません。
行政書士 武原広和事務所は、帰化申請を専門にしている行政書士事務所ですから、下記のご依頼をいただきますと帰化申請がスムーズに進みます。お申し込み方法をご覧ください。

これまで北九州市及び近郊、その他福岡県内、大分県、熊本県、山口県にお住まいの多くの方よりご依頼をいただいております。また、帰化申請の書類作成や韓国の戸籍翻訳は、全国どちらからでもお申し込み可能です。これまで全国各地の数多くのお客様から韓国戸籍の翻訳の御依頼を頂戴しています。

行政書士 武原広和事務所では、ご依頼いただいたお客様がスムーズに日本国籍を取得していただけるよう、お客様と二人三脚をするかのように誠心誠意、心を込めて帰化の申請手続きをサポートしております。
これまで、専業主婦の方、会社にお勤めの方、事業経営をされている方など数多くのお客様からご依頼をいただき、感謝のお言葉を頂戴しておりますが、私のほうこそご依頼をいただいて感謝しておりますし、お客様が帰化の許可を得てお喜びになっている姿を見るのが何よりも嬉しく思います。

ご依頼にあたり、費用の面を心配なさっている方もいらっしゃるかと思います。行政書士 武原広和事務所では適正な価格設定をしており、手前みそではありますが、リーズナブルな費用になっております。
明朗会計を心がけており、決してどんぶり勘定などにせず、きちんと前もってお見積額を提示させていただいております。
また、お渡しする領収書には費用明細書をお付けして、何にいくらかかったのかお分かりいただけるようにしております。

以下は行政書士 武原広和事務所にご依頼いただけることです。

1.申請書類の作成

帰化許可申請書、親族の概要、履歴書、生計の概要、帰化の動機書(特別永住者以外の方の場合)、事業の概要(事業経営者の場合)、自宅付近の略図などの書類の作成を代行いたします。(ただし、帰化の動機書については、当行政書士が文案を作成いたしますが、お客様ご自身の直筆で書いていただきます)

申請書類の作成をお申し込みされた場合、法務局から提出するよう指示された各種証明書類(日本の戸籍謄本・住民票・出生届記載事項証明書・婚姻届記載事項証明書・死亡届記載事項証明書、住民税の所得課税証明書・納税証明書、法人税納税証明書など)の代理取得も御希望によって行います。

2.韓国の家族関係証明書などの翻訳

韓国国籍の方の帰化申請に必要となる韓国の家族関係証明書、基本証明書、婚姻関係証明書、入養関係証明書、親養子入養関係証明書、除籍謄本などを原本と同じレイアウトで日本語に翻訳します。
翻訳のご依頼は全国どちらからでもお申し込み可能です。翻訳のみのお申し込みも歓迎しております。

上記の韓国の証明書、除籍謄本の代理取得も承ります。

3.帰化 申請書類作成についての相談

帰化申請書類作成の相談を承ります。基本的にご自分で全て準備したいとお考えの方で、書類の作成についてのみ相談したいという場合に最適です。


以上、お客様の御都合や御予算などに応じて、1の書類の作成のみ、2の翻訳のみ、3の相談のみ、などというようにお申し込みの内容をお選び下さい。

お申し込み方法のページに行政書士 武原広和事務所への連絡先がありますので、国籍・在留資格・申請人数とその続柄・申請者同士の家計が同一か別か、申請者の年齢・ご職業など詳しくお知らせ頂けましたら、おおよその費用の御見積りを差し上げます。

帰化申請の費用のページでは、ケースごとにシミュレーションをしておりますので、参考にされてください。