ケース別 費用のシミュレーション

ケース別 費用のシミュレーション

行政書士 武原広和事務所では、無料で帰化申請の費用をお見積りいたしますが、大体どのくらいの費用がかかるのかとお考えの方のためにケース別に費用のシミュレーションをしておりますので、参考にされてください。

※実際には帰化申請をされる方の状況(職業や家族構成など)は、様々ですから考えられる全てのケースを列挙することは不可能であることをご理解のうえ、ご自分に近いケースを参考にされてください。

※このページに記載している費用はあくまで目安です。ご自分と全く同じケースであっても、必ずしもこのとおりの費用になるとは限りません。

※帰化申請の費用のお見積りについて、このページの一番下に行政書士 武原広和事務所の方針を書いております。よろしかったらお読みいただければ幸いです。

※下記はいずれも帰化許可申請書類一式の作成、必要書類の代理取得、韓国の戸籍翻訳をご依頼された場合の費用合計の目安です。
(帰化申請前の3年以内に住所や勤務先に変更がない場合を想定しています。)

※いずれのケースも韓国国籍となっていますが、中国国籍その他の国籍の場合はお見積りをいたします。

▼ケース別 費用のシミュレーション

<ケース1>韓国国籍お1人様(無職、独身、会社員の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

<ケース2>韓国国籍お1人様(無職、独身、会社経営の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

<ケース3>韓国国籍お1人様(専業主婦、会社員である日本国籍のご主人と同居)

<ケース4>韓国国籍お1人様(専業主婦、会社経営をされている日本国籍のご主人と同居)

<ケース5>韓国国籍お1人様(会社員、独身、会社員の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

<ケース6>韓国国籍お1人様(会社員、独身、会社経営の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

<ケース7>韓国国籍お1人様(会社経営者、独身、会社員の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

<ケース8>韓国国籍お1人様(会社経営者、独身、会社経営の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

<ケース9>韓国国籍ご夫婦お2人様(ご夫婦とも会社員、ご夫婦のみで同居)

<ケース10>韓国国籍ご夫婦お2人様(ご夫婦とも会社役員、ご夫婦のみで同居)

<ケース11>韓国国籍兄弟姉妹お2人様(お二人様とも会社員で独身、会社員のご両親と同居)

<ケース12>韓国国籍兄弟姉妹お2人様(お二人様とも会社員で独身、会社経営のご両親と同居)

<ケース13>韓国国籍母子お2人様(お母様は会社員、お子様は高校生、母子のみで同居)

<ケース14>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦は会社員、お子様は小学生、親子3人のみで同居)

<ケース15>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦は会社経営、お子様は小学生、親子3人のみで同居)

<ケース16>韓国国籍ご夫婦とお子様の4人様(ご夫婦は会社員、お子様は中学生と高校生、親子4人のみで同居)

<ケース17>韓国国籍ご夫婦とお子様の4人様(ご夫婦は会社経営、お子様は中学生と高校生、親子4人のみで同居)

<ケース18>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦とお子様は会社員、親子3人のみで同居)

<ケース19>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦とお子様は会社経営、親子3人のみで同居)

<ケース20>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦とお子様は会社経営、ご夫婦とお子様は別居)

<ケース21>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は会社員、お孫様は小学生、全員同居)

<ケース22>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は会社員、お孫様は小学生、ご夫婦とお子様夫婦は別居)

<ケース23>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は会社経営、お孫様は小学生、全員同居)

<ケース24>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は会社経営、お孫様は小学生、ご夫婦とお子様夫婦は別居)

<ケース25>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦は無職、お子様夫婦とお孫様は会社員、全員同居)

<ケース26>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦は無職、お子様夫婦とお孫様は会社員、ご夫婦とお子様夫婦、お孫様はそれぞれ別居)

<ケース1>韓国国籍お1人様(無職、独身、会社員の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

費用合計の目安:特別永住者76,000円程度 特別永住者でない方97,000円程度

<ケース2>韓国国籍お1人様(無職、独身、会社経営の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

費用合計の目安:特別永住者97,000円程度 特別永住者でない方119,000円程度

<ケース3>韓国国籍お1人様(専業主婦、会社員である日本国籍のご主人と同居)

費用合計の目安:特別永住者76,000円程度 特別永住者でない方98,000円程度

<ケース4>韓国国籍お1人様(専業主婦、会社経営をされている日本国籍のご主人と同居)

費用合計の目安:特別永住者98,000円程度 特別永住者でない方120,000円程度

<ケース5>韓国国籍お1人様(会社員、独身、会社員の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

費用合計の目安:特別永住者79,000円程度 特別永住者でない方100,000円程度

<ケース6>韓国国籍お1人様(会社員、独身、会社経営の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

費用合計の目安:特別永住者110,000円程度 特別永住者でない方131,000円程度

<ケース7>韓国国籍お1人様(会社経営者、独身、会社員の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

費用合計の目安:特別永住者94,000円程度 特別永住者でない方116,000円

<ケース8>韓国国籍お1人様(会社経営者、独身、会社経営の御両親又は兄弟姉妹等の親族と同居)

費用合計の目安:特別永住者120,000円程度 特別永住者でない方141,000円程度

<ケース9>韓国国籍ご夫婦お2人様(ご夫婦とも会社員、ご夫婦のみで同居)

費用合計の目安:特別永住者128,000円程度 特別永住者でない方150,000円程度

<ケース10>韓国国籍ご夫婦お2人様(ご夫婦とも同じ会社の役員、ご夫婦のみで同居)

費用合計の目安:特別永住者146,000円程度 特別永住者でない方167,000円程度

<ケース11>韓国国籍兄弟姉妹お2人様(お二人様とも会社員で独身、会社員のご両親と同居)

費用合計の目安:特別永住者102,000円程度 特別永住者でない方123,000円程度

<ケース12>韓国国籍兄弟姉妹お2人様(お二人様とも会社員で独身、会社経営のご両親と同居)

費用合計の目安:特別永住者144,000円程度 特別永住者でない方165,000円程度

<ケース13>韓国国籍母子お2人様(お母様は会社員、お子様は高校生、母子のみで同居)

費用合計の目安:特別永住者113,000円程度 特別永住者でない方134,000円程度

<ケース14>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦は会社員、お子様は小学生、親子3人のみで同居)

費用合計の目安:特別永住者130,000円程度 特別永住者でない方150,000円程度

<ケース15>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦は会社経営、お子様は小学生、親子3人のみで同居)

費用合計の目安:155,000円程度 特別永住者でない方177,000円程度

<ケース16>韓国国籍ご夫婦とお子様の4人様(ご夫婦は会社員、お子様は中学生と高校生、親子4人のみで同居)

費用合計の目安:特別永住者150,000円程度 特別永住者でない方172,000円程度

<ケース17>韓国国籍ご夫婦とお子様の4人様(ご夫婦は会社経営、お子様は中学生と高校生、親子4人のみで同居)

費用合計の目安:特別永住者175,000円程度 特別永住者でない方197,000円程度

<ケース18>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦とお子様は会社員、親子3人のみで同居)

費用合計の目安:特別永住者144,000円程度 特別永住者でない方166,000円程度

<ケース19>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦とお子様は同じ会社の役員、親子3人のみで同居)

費用合計の目安:170,000円程度 特別永住者でない方191,000円程度

<ケース20>韓国国籍ご夫婦とお子様の3人様(ご夫婦とお子様は同じ会社の役員、ご夫婦とお子様は別居)

費用合計の目安:198,000万円程度 特別永住者でない方219,000円程度

<ケース21>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は会社員、お孫様は小学生、全員同居)

費用合計の目安:特別永住者200,000円程度 特別永住者でない方222,000円程度

<ケース22>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は会社員、お孫様は小学生、ご夫婦とお子様夫婦は別居)

費用合計の目安:特別永住者214,000円程度 特別永住者でない方257,000円

<ケース23>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は同じ会社の役員、お孫様は小学生、全員同居)

費用合計の目安:特別永住者224,000円程度 特別永住者でない方245,000円程度

<ケース24>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦とお子様夫婦は同じ会社の役員、お孫様は小学生、ご夫婦とお子様夫婦は別居)

費用合計の目安:特別永住者250,000円程度 特別永住者でない方272,000円程度

<ケース25>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦は無職、お子様夫婦とお孫様は会社員、全員同居)

費用合計の目安:特別永住者220,000円程度 特別永住者でない方263,000円程度

<ケース26>韓国国籍ご夫婦とお子様夫婦、お孫様の5人様(ご夫婦は無職、お子様夫婦とお孫様は会社員、ご夫婦とお子様夫婦、お孫様はそれぞれ別居)

費用合計の目安:特別永住者250,000円程度 特別永住者でない方312,000円程度

帰化申請の費用について行政書士 武原広和事務所の方針

帰化申請の費用を定額にすれば、お時間をいただいてお見積りをさせていただく必要もありませんし、費用面では分かりやすいと思います。
しかし、定額にした場合、確かにお得になるお客様はいらっしゃると思いますが、反面、実際は定額料金よりもっと安くご依頼いただける方もいらっしゃるはずです。

帰化申請をするうえで必要となる書類は、申請者一人ひとり違います。帰化申請の書類はある意味、申請者の人生を表すものですが、人生は人それぞれだからです。
ですから、帰化申請の費用も申請者一人ひとり異なるのも当然でしょうし、定額制にするほうが無理があるような気がしております。

私としては、少しでもリーズナブルな費用で当事務所をご利用いただきたいと考えております。
もし私が依頼者の立場なら、やはり費用面ではできるだけ安くして欲しいと思いますし、見積もり額についても、どんぶり勘定ではなく、具体的にどの部分にいくらの費用がかかるのか知りたいと思います。
つまり、当事務所が、帰化申請の費用を定額制にせず個別にお見積りをさせていただいておりますのは、お客様にとって出来るだけリーズナブルに、そして費用面では安心して当事務所をご利用いただきたいためなのです。